はじめに:探偵になるにはどうするべきかお悩みの方へ

「探偵になるにはどうしたらいいの?」
「探偵学校に行けば探偵になれる?」
「探偵に向いてる人ってどんな人?」

当サイトでは、そんな疑問をお持ちの方や探偵になりたいとお考えの方に向けて、役立つ情報を幅広くお届けします。

【探偵になるには】必要な資格はあるの?適正のある人物像は?

イメージ

 

実は、探偵事務所や探偵業の開業をする際には、必要な資格は特にありません

 

地域の公安委員会に、『探偵業開始届出書』というものを、業務開始の前日までに届け出て、『探偵業届出証明書』というものを受け取れば、誰でも探偵として開業が可能です。

 

しかし、依頼人とのトラブルなく、着実にキャリアと評判を上げきちんと探偵業を続けていくためには、最低限必要なスキルがあります。
また、探偵業界に就職する際に持っていた方が有利な資格なども存在します。
まずは、それらについて詳しくご説明していきます。

 

探偵業界で働くために必要なスキル

 

健康な体・体力

体力

これは、探偵業界に限りませんが、特に探偵業は体が資本のお仕事です。
真夜中の調査や、暑い・寒い季節問わず屋外を徒歩で歩いて尾行する機会なども沢山ありますから、不規則な生活や体を動かすことに抵抗がないことも大切です。

 

パソコンスキル

パソコンスキル

現代において、探偵業界でもパソコンのスキルは必須です。
調査において撮影したビデオの映像より報告書や見積書や請求書を作成しますので、ワードやエクセルといった基本操作が出来る事が条件となります。

 

特殊機材の使用技術

機材

調査の際に使用する、特殊な撮影・録音機材などを適切に取り扱う技術も必ず必要になります。
相手に気づかれずに撮影する小型カメラや、遠く離れたところから撮影する広角レンズカメラ、夜間でもくっきりと撮影するための高感度赤外線カメラ等、様々な特殊機材があります。

 

法律の知識の有無

法律の知識

更に、どういった行為が違法行為にあたるのかの法律の知識も必要最低限必要です。
法律違反かどうかの判断を誤って違法の調査をしてしまい、後々トラブルに発展しない為にも、多少の法律の知識がなくてはなりません。

 

探偵業界で働くのに有利になる資格

 

普通自動車免許及び自動2輪免許

 

探偵業務は、調査対象となる人物を尾行します。
その際の車での移動が多い業種となる為、必要最低限としては、普通自動車免許若しくは、自動2輪の免許を持っていた方が有利です。
探偵事務所における応募条件には、自動二輪や普通自動車免許を必要としている事務所が大半なのです。

 

日本探偵業界の技能検定

例えば日本探偵協会の有する技能検定に合格すると、消費者も安心して探偵を依頼しやすいといったメリットがあります。
「探偵業務管理者」や「一級調査士」などに合格すれば、調査技能における一定以上のスキルに満たしていると証明できるため、就職や開業にも役立ちます。
また、単純に探偵の調査の技術等を知識として知るためには一番手っ取り早い手段ではないでしょうか。

 

カウンセラー資格

パートナーの不倫や、生き別れの家族など、依頼人の方はみな、止むにやまれぬ事情で相談してきます。
また、依頼が完了した後、その結果をもとにどう行動したらいいのか分からない方も多いのです。
そんな方にとって、夫婦カウンセラー等のカウンセラー資格者のいる探偵事務所なら安心して相談できるため、問合せしやすくなります。

 

あなたは探偵に向いているかも!?セルフチェックリスト

 

次に、探偵業に適正のある人物像はどのようなものかを見ていきましょう!
自分に当てはまると思う項目にチェックを入れてみてください。

質問1.旅行することや車に乗るのが好きだ
質問2.人のために尽くすことにやりがいを感じる
質問3.他人に大して自分から話かけることがあまりない
質問4.知らない人から道を聞かれることがない
質問5.自分は太りすぎ・痩せすぎではないと思う
質問6.周りからよく「変わっているね」と言われる
質問7.知らないことを調べたり習得するのが好きだ
質問8.友人・知人からよく悩み相談をされるほうだ
質問9.他人の身の上話や男女のもつれを聞くことに抵抗がない

 

いかがでしたか?
多く当てはまった方ほど、探偵に向いている可能性大です!
全てに当てはまったアナタは、探偵にぴったりかもしれません。

 

探偵に向いている人物像とは

 

それでは次に、チェックリストの質問の意味と、探偵業に向いている人物像について、解説していきます。

 

質問1の意味・解説
フットワークが軽い方は探偵に向いています

 

探偵業というのは「行動調査」をメインとする為、尾行や撮影などの技術を必要としているのが基本です。
調査対象となる相手を追跡する必要があるため、色んなところに出向くのが苦ではない人が探偵に適しているといえるでしょう。

 

質問2の意味・解説
依頼人の為に自分の時間を犠牲にできる方は探偵に向いています

 

探偵業において、これも必須条件です。
自分のプライベートを後回しにして、探偵業の業務に遂行出来る事が大前提となります。
時には、自分にとって大事な用事を後回しにしてでも、探偵調査を依頼してきた人の為に動ける方が探偵に適正のある人物といえるでしょう。

 

質問3〜5の意味・解説
外見的に目立たなく無口な方は探偵に向いています

 

探偵のお仕事は、「調査対象者に気付かれないように業務を行う」方が望ましい為、目立たずありふれた外見や体格で、人の注目を集めない事は重要なポイントとなります。
太り過ぎ・痩せすぎなど極端な特徴のない人が適しているといえるでしょう。
また、目立たないためには無口であることも必要です。

 

質問6の意味・解説
少し人と比べ変わっている方は探偵に向いています

 

探偵業とは、変わっている人に適正があると考えられます。
人から変わっていると思われている方は、考え方や発想が独特で、普通の人が思いつかないようなアイディアの持ち主が多く、思わぬところから調査の決定的な手がかりを掴める人が多いのです。

 

質問7の意味・解説
知的好奇心旺盛な方は探偵に向いています

 

探偵業では、普通に生活していれば使う必要のない機材や知識を知り、使いこなせるようにならなければならない場面が沢山あります。
そのため、初めて触れるものや知識に興味を持てる人でなければ、探偵になるまでの道のりは辛いものになってしまうでしょう。

 

質問8〜9の意味・解説
他人の悩みに親身になれる方は探偵に向いています

 

浮気・不倫調査や人探しの依頼の多い探偵業では、男女や家族の問題など依頼人のプライベートの話題に接することになります。
そのため、他人の悩みに親身につき合うことができる方や、依頼人が何を求めているのかを具体的に把握できる聞き上手な人の方が探偵を長く続けられる才能があるといえます。

目指すべき優良探偵事務所について|仕事内容・料金・人気の理由

探偵に必要なスキルや望ましい人物像がわかったところで、そもそも探偵とはどんなことをするお仕事なのかということを改めて考えてみましょう。
また、どんな風に調査の報酬を決めるべきかや、長く続く探偵事務所に共通する特徴など、探偵になるには知っておきたい情報をまとめました。

 

探偵事務所が請け負う仕事例一覧

 

まずは、探偵が請け負う仕事として一般的なものを一覧にしました。

浮気調査 素行調査 人探し
結婚調査 信用調査 盗聴器発見
ストーカー対策 いたずら・嫌がらせ調査 いじめ対策

 

この中で最も依頼が多いのが浮気調査です。
比較的短期間で調査が終わり、慰謝料などで後々元がとれるということで、依頼する側からすると相談しやすい内容なのが理由です。

 

その次に多い依頼が、人探しの依頼です。
家出した家族や、失踪した恋人・知人、ずっと会っていなかった恩師など、警察に頼れず自ら探したい方が探偵に依頼するようです。
(詳しくは人探し方法ネットを参照)

 

 

仕事依頼から調査完了までの流れ・料金例

 

次に、依頼人からひとつの仕事を受けて、それを終えるまでの一般的な流れを見ていきましょう。

1.依頼人から調査の問合せを受ける(電話・メールなど)

 

問合せ

ここでしっかりと依頼人の心をつかむことが大切です。
契約を強要するような印象を与えないよう、あくまで依頼人の相談を受ける立場に徹しましょう。


流れ

2.依頼人と対面での無料相談・見積り

 

相談を受ける

依頼人の希望や状況をしっかり聞き取り、調査のゴールを明確にしていかなければなりません。
また、できる限り性格な見積りを出して、細かな条件など問題ないか確認しましょう。


流れ

3.調査契約書の提出・捺印

 

契約

調査契約書の提出は、探偵業法にて決められているため、必ず必要です。
契約する前に、その調査契約書をもとに個人情報の取り扱いや調査内容・料金についてなど、重要事項についてきちんと説明しなくてはなりません。


流れ

4.調査開始

 

調査

契約内容に沿って、調査を開始します。
尾行や情報収集・聞き込み、特殊機材を使って証拠などを掴みます。


流れ

5.調査結果を報告書にまとめる(書面・DVD・写真つきレポートなど)

 

書類作成

調査結果を報告書にまとめます。
依頼内容によりますが、法的な手段に使用する予定であれば、記録した日付などがはっきりわかるよう資料を作成します。


流れ

6.依頼人に報告

 

報告

調査報告書などを提出して、調査結果をしっかりと報告しましょう。
今後、調査を継続するか打ち切るかなど、依頼人に確認を取ります。


流れ

7.アフターケア(カウンセリングや弁護士紹介など)

 

弁護士

依頼が終わったあとも、アフターケアを行ってくれる探偵事務所はやはり人気です。
離婚するかしないか、その際の裁判はどうするかなど、困っている依頼人に紹介する士業の方との繋がりがあればなおいいでしょう。


 

このように、ひとつの依頼をトラブルなく依頼人の最低限満足に値するレベルで終えるためには、やらなければならないことが沢山あります。
もちろん、依頼内容や依頼人の状況に応じて仕事の量は多少変わっていきますが、大まかな流れは変わることはありません。

 

もしも今あなたが、たった一人で探偵業を開業しようとしているのであれば、それはやめたほうが無難です。
分業をしなければ経営を維持するのは難しいでしょう。

 

 

優良探偵事務所の料金設定の例

 

仕事内容がわかったところで、大手探偵事務所の情報を参考に、いくらくらいの金額で仕事を受けるべきなのか考えてみましょう。
実は、探偵の調査報酬に決まりや限度はありません。
探偵事務所それぞれが独自に設定してるのです。

 

しかし、それでも多くの探偵事務所に共通する大まかな料金設定のタイプは存在します。
依頼人に請求する料金の内訳をざっくりと説明すると、以下のようになります。

(基本料金+諸経費+調査料)=請求金額

これらに、調査着手金や成功報酬も請求する探偵事務所もあります。

 

調査にかかる費用・経費内容

 

調査機材料 メディア代 車両使用代 電車・タクシー代
ガソリン代 高速代 報告書作成料 駐車料金

 

調査料の設定目安

 

日割り計算型

これは、1日に何時間調査を行っていくら、というような日割り計算で料金を設定するパターンです。
このタイプの料金設定をしている事務所は、3000円〜12万円といったように大きなバラつきが見られます。

 

この料金設定にする場合は、一見安く済むように見えるため、依頼する側からすれば相談しやすいでしょう。
しかし、その分探偵側からすれば短期間で結果が出せる自信がなければ、やめておいた方が良いかもしれません。
依頼人から、最終的にこんな金額になるとは思わなかった!とクレームを言われないよう、長期間の調査になる場合は事前にしっかり説明しましょう。

 

成果報酬型

 

これは、着手金や基本料金などにプラスして、調査終了時に成功報酬を請求するパターンです。
このタイプだと、着手金や基本料金は3万〜4万円と、だいたいの相場があります。
しかし、成果報酬については、探偵事務所ごと、また案件ごとに大きく異なるようです。
このタイプに設定する場合は、成果・成功の基準をしっかり依頼人とすり合わせておくことが必須です。

 

優良探偵事務所は何が違うのか?

 

それでは、優良探偵事務所と言われている大手探偵事務所に、共通している特徴とはなんでしょうか?
今後のためにぜひ確認しておきましょう!

 

料金が明確!
調査料金は事前に出す見積り以上に取らない
調査完了後に料金を水増ししない

 

⇒目先の利益ではなく、長い目で見た信用が大切だからです。
最初に伝えられた金額とかけ離れた金額を請求されたとなると、たとえ調査は成功したとしても、顧客の満足が得られるどころか消費者トラブルとして悪評がたってしまいかねません。
追加で料金が発生せざるを得ない場合は、事前に依頼人に確認を取るか、いくらまでなら確認を取らずに動いて良いのかなど、きちんと確認しておきましょう。

 

調査力が違う!
調査の成功率が高い
何を調査の「成功」とするのか依頼人に事前に確認している

 

⇒人員が多い大手探偵事務所は、その分捜査にも無駄が生まれません。
最低でも2・3人で捜査を行い、状況に応じて全国のネットワークが活用できるなど、格段に調査の成功率が上がります。
また、調査の成功は「写真が撮れたら」なのか、「相手の住所を知れたら」なのか等、依頼人の希望をしっかり聞き取って意見をすり合わせておくことも重要です。

 

 

探偵になるなら目指すべきおすすめの探偵事務所

 

探偵になるための資格や知識がわかったところで、次にそれらを活かしてどんな探偵になりたいかを考えてみましょう!
数10年と経営を続けている探偵事務所には、それだけの理由があります。
アニメや小説の中の探偵に憧れるだけでなく、具体的に目指すべき探偵事務所の姿を知っておきましょう。

 

実際にどのような人物の探偵が現場で活躍しているのかを知る為に、ご自身でも、次に紹介する探偵事務所に無料相談や依頼をかけてみる事をおすすめします。

 

 

原一探偵事務所

 

原一探偵事務所

 

原一探偵事務所は言わずと知れた老舗の探偵事務所です。その実績はなんと創業41年間!
全国各地にネットワークを持ち、豊富な人材を駆使して多くの依頼を解決してきました。
料金体系もはっきりしていて、見積りからしっかりと金額を確定してくれるところも安心のポイントです。
探偵になるなら、原一探偵事務所は知っておいたほうがいいでしょう。

 

人探し専用フリーダイヤル
0120‐01-1619

 

詳細はこちらから

 

調査報酬 基本料金40,000円+調査料金80,000円〜
相談 年中無休・24時間無料
調査項目) 浮気・不倫調査、人探し、ストーカー対策、いたずら・嫌がらせ、盗聴機発見、その他調査

最後に

ここまで様々な情報をお届けしてきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

何事もそうですが、なぜその仕事をしたいのかは、自分なりにはっきりさせておくことは大切です。
また、探偵になるには、様々な経験や知識、練習が必要になります。
必須条件ではありませんが、そのために探偵学校や検定を利用するのは、やはり効果的と言えるでしょう。

 

当サイトでは今後も、探偵になるためにお役に立てるような情報をお届けしていきますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

更新履歴